本を紛失したら、いくらの損?

2012.06.05 Tuesday

 うっかりビールこぼして、読んでいる本がびしょ濡れに。
まぁ2/3は読んだからそこそこ満足さとか自分を慰めつつ、
これが図書館の本だったら全額弁償かぁなんて思ったところで、ふと疑問が湧いた。

利用者が本をダメにしちゃった時、図書館はいくら損をするのだろうか?
調べてみたら、文科省のサイトに「国立大学法人に特徴的な会計の取り扱いについて」ってのに図書の会計について書いてあった。

"図書(注)
 通常の償却資産については、独立行政法人同様、簿価50万円以上のものが資産計上の対象であるが、教育研究のために使用する図書は、金額の如何にかかわらず資産計上し、使用中は減価償却処理を行わず、除却時に全額を費用処理する取り扱い。"

本は減価償却しないらしい、経年で価値が減ったりしないという考えなのか。
時間が経てば汚れてボロボロになっていくけど、中身(情報)の価値は変わらないって考えってことなのかな。

なるほどと思う部分もあるけれど、やっぱりしっくりこない部分もある。
例えば2012年の今、2000年に出版された「2010年はズバリこうなってる」的な本があったとして、
この本の持っている情報に私は全然価値を見いだせないんだけど、この本を買った時と同じだけの価値があるってのかい?

ちょっと角度を変えて会計でなくて、実際に弁償するときの規定を見てみることにした。
図書館によってまちまちみたいだけど、現物弁償でOKってなっているところが多いみたいだ(状態よければ古本でもいいらしい)。
てことは、弁償時の本の価値は、図書館がその本を買った価格でなくて、現在の市場価格よってことらしい。

でもさ、「2010年はズバリこうなってる」が古本屋にも見捨てられて、
入手不可能だったときはさ結局いくらで弁償させられるんだろ?
この弁償額が図書館が損した額になるの?

公共図書館でのアイデアの価値観

2012.05.20 Sunday

 昨日のエントリーでICEカップヌードルは、他社が真似したくても真似できないアイデアだから素晴らしいって書いたんだけど、よく考えるとこれは競争前提の民間企業の論理だった。
公共施設の場合、みんなが簡単に真似できるアイデアの方が、すぐに普及して社会全体の効用は向上させる良いアイデアという事にはならないか?

例えば、図書カードにTポイントカードを導入するのはCCCと提携している図書館にしかできないので、それよりもどの図書館でも汎用的に導入できるポイントカードの仕組みがあればベターってこと。

もっとも、すぐにコモディティ化してしまうアイデアだと、最初にそのアイデアを思いついて試行錯誤して実績を残した図書館が報われない気もしてくる。

今年も図書館総合展のフォーラムで開催されるLibrary of the Yearの候補館の募集がされているが、こういった良い図書館を表彰する取り組みで、独創性だけでなく図書館全体の底上げを図るアイデアを出した図書館に注目が当たる仕掛けを、図書館の世界全体でうまく作っていければいいんじゃないかと思った。

ICEカップヌードルに思いを馳せる3分間

2012.05.19 Saturday

 カップラーメンは昔から好きなのだが、お腹まわりを気にし始めてからはもっぱらカップヌードルLightを食べている。
春雨ヌードルとかミニサイズだと今一つ満足できず、かと言って低カロリー路線のカップラーメンってカップヌードルLightしか見当たらないのだ。

先日、スーパーでカップヌードルLightのチリトマト味が発売されているのを見かけ手に取ると、
パッケージに「夏はICEで!」と書かれていて氷を入れた食べ方が紹介されていることの気づいた。
気にはなったものの、その時はスルーして普通にそのまま食べた。

ICEカップヌードルの紹介動画を見てからやっぱり食べてみようと思った。
イントロダクションのなかで、なんで(ICEカップヌードルには)Lightなんですか?という問いに、
「198kcalにするために日清独自の製法でつくっているんですね。
そのために、他のカップめんと比べて温度が冷えても比較的脂が固まりにくいんですよ。」と答えている。

感心した。もともとは低カロリー路線のために開発した製法をうまく活かしたのであって、
冷やして食べることに適した商品を作るための追加の開発コストがかかってないってことじゃん。
その上、氷を入れるだけっていう単純なアイデアなんだけど、
製法技術の優位性でそれに適した商品は他になく、他社は簡単に真似できないって状況になっている。
なんとも上手いアイデアだ。

「198kcal」「食物繊維たっぷり」とか言った営業的なコンセプトだけじゃなくて、
一歩踏み込んだ「温度が冷えても比較的脂が固まりにく」っていう商品特性をちゃんと理解している人がいて、
それを活かした新しい提案ができるってのはやっぱり感心する。

肝心の味の方はというと、ちゃんとおいしい。冷やしてもカップヌードルなんだと実感。
暑い夏に、冷たくて辛いチリトマト味は結構うけるんじゃないかな。


メモ:コツとしては冷めたかどうかの温度確認は底の部分を触った方がいい。横の部分と底で素材が違い、横を持って冷めた気がしても、底を触ると熱かったりする。ちゃんと冷やすなら底を確認。

図書カードをTポイントカードにするんだってさ

2012.05.09 Wednesday

 普段Twitterなんかは通勤の電車の中でやっているのでGWの間はすっかりアンテナ低くなってました。
てなわけで色々議論されていることもつゆ知らず、図書カードをTポイントカードにするんだってさ」って話を聞いたときも、へぇポイント貯まっていいなってのが率直な感想。
それに、貸出情報を有効につかうノウハウはあるところがやるんだから、いいアイデアじゃんって思った。
以前の記事でも図書館の貸出情報を出版社に提供しちゃえって書いてる位だし、情報はどんどん活用したほうがいいと思ってるんだ。

そんなお気楽な感想を持った私とは違って、Twitterから流れてくるコメント個人情報の流出とか、図書館の自由に反するとかそんな感じで炎上してることに遅まきながら気付いた。
図書館の自由に関する宣言で「第3 図書館は利用者の秘密を守る」とあり、貸出履歴をTポイント加盟の会社間で使いまわすなんて図書館的にはありえなーいという事のようだ。

私の図書館の自由のイメージというのが有川 浩の図書館戦争 を読んだ印象なので、世間に流通させちゃダメと判断された本でも図書館はその本を守って誰でも読めるようにする、そんでもって、その本を読んだ人が本を読んだ理由で弾圧されたりしないように最大限配慮する。そうすることで、思想信条の自由とか表現の自由が守れるんだぜみたいな感じ。
ある種の特別な本をメインに据えた活動指針みたいなもんだと思ってた。

普通に生活している感覚としては、出回っている本を読んだ貸出履歴が漏れても、弾圧されるなんてことが想像つかないんだよな。
ブクログで自分の読んだ本を公開しているけれど思想信条の自由を制限されるような危機感を覚えたことないし。
特別な本の貸出履歴は保護して図書館として大事な部分は守りつつ、フツーの本の貸出履歴はうまく活用しちゃっても問題ないと思うんだよね。

貸出履歴を分析されたりするのは、なんとなく気持ち悪いっていうのはわかるけれど、
例えば、100円分のポイント貯まりますがカード作りますか?と、10000円のポイント貯まりますが作りますか?
だったら答えが変わってくる様に、気持ち悪さと釣り合うポイント付与額みたいな落としどころがあるんじゃないかな。
取扱いに関しては個人情報の保護に関する法律なりを守ってくれればまぁいいかみたいな。

Twitterは図書館関係の人ばっかりフォローしてるので、市長の声と、図書館の声と、セキュリティ担当者の声は聞こえてくるんだけど、一般の利用者はどう思ってるんだろうか。

なんやかんやいってもプライバシーに関することは理屈じゃなくて感情的な側面がでるので、今回はあえて自分の肌感覚に任せて書いてみた。

読み聞かせやってみた

2012.05.06 Sunday

 ゴールデン"ウィーク"どころか気づけば一か月もブログの更新さぼってしまった。

てことで本題。読み聞かせをやってみました。「おれたちはパンダじゃない」って絵本。
と言っても子供相手ではなく酔っ払い相手のままごとですが、それでも体験してみてわかることってあるなと。
実際読んでみて難しいって感じたのは、擬音語、擬態語が多さとか。
黙読のときは雰囲気だけ味わっとけばいいけど声に出すとつっかえること、つっかえること。

他に気になったのは、セルフが絵の一部として描かれている場面とかあるんだけど、
そういった場面はのセリフはスルーなのか?適当に本編と合わせて読むものなのだろうか?
とか絵本って自由に描かれてるけど、読み聞かせようと思うと案外悩ましい。

あとは読み方じゃないけれど、新品の本だったこともありページがうまくめくれなくて失敗した。
ページの開き癖って大事なんだと実感。

そんなわけで初回のよみきかせはグタグタな感じでした。
酒飲みながらやってるので、そもそも呂律がまわっていたのかどうかも怪しいけれど・・・


おまけ
本屋さんで「よみきかせノート」なるものを発見したので紹介しときます。
よみきかせの記録を継続してとるといいことあるよってことですね。