図書室の地震対策どうすんべ

2011.03.17 Thursday

 地震の影響はまだまだ色濃く残っており、図書室も節電に協力ということで、利用するときだけ明りをつけるという運営となっています。


でも、WebOPACのサーバーを日中稼働させています。
情報提供の役割など、本当に必要なサービスまで止めると、色んなとこが停滞して長期的に見てマイナスになると思っていますので。
(それを強く主張できるほど、まだまだ図書室の利用率はあれですが。。。)
一応、夕方の電力消費ピーク時には、サーバーがシャットダウンするようにタスクスケジューラーに設定をしています。



さて、今回の地震によるうちの図書室の被害状況はというと、本が数冊落ちただけ。
震度5強だったのですが、物理的な被害はほとんどなし。
savelibrary @ ウィキ - 東日本大地震による図書館の被災情報・救援情報 で各地の図書館の被災情報をみてみると、さすがに震源に近いところでは建物への甚大な影響が出ている様だが、震源から少し離れれば書棚から本が落ちたというのは多いが、書棚が倒れたという程ではない様だ。
となると、地震対策としては書棚から本が落ちないようにという対策をとっておけばまぁOKという事だろうか?



それと気になるのは、システムへの影響。ほとんどの図書館はシステム化していると思うが被災情報としてあがっていないけど問題無かったのか。
本は買い直せるし、書誌データは作り直せるけど、貸出履歴はそうはいかないでしょ。
公共図書館は履歴を残さないケースが多いかもしれないが、学校図書館なんかでは履歴は生徒の思い出だから。
やっぱりバックアップは大事ですね。今後はバックアップ目的でのクラウド利用が加速されるのかな。



無理やりまとめると、こっちも大変なんだよってみんながみんな言う様な状況じゃなくて、
こっちは大丈夫だから、ほんとに大変なところを支援しようっていう雰囲気になるように対策していきましょうってことで。

夜の図書室

2011.03.11 Friday

地震の影響で電車が止まってしまったので、夜の図書室をのぞいてみました。
すげー楽しげです。ずるいです。


夜の図書室



追記
ニュースを見て改めて今回の地震の被害状況の大きさに愕然としました。
地震で被災された皆様に、お見舞い申し上げます。
日常の楽しい空間としての図書館、図書室の復旧の為に協力したいと思っております。

「ラーニングコモンズデザイン会議(春)〜動く場を考える〜」 参加記録

2011.03.06 Sunday

 「ラーニングコモンズデザイン会議(春)〜動く場を考える〜」
というワークショップに参加してきました。


ワークショップのテーマは、「パターンランゲージ」という考え方を用いて、ラーニングコモンズのあり方を多くの人と連携して考えていけるようにしましょうというもの。分かりそうで、分からない題材です。


実際に行ったのは以下の様な事。
・パターンの作り方を覚える
・図書館情報学図書館の見学
・ラーニングコモンズにパターンを作成


まずは、パターンの作り方を覚える。
大した説明もないまま、とりあえず見本見ながら作ってくださいという無茶ぶりをされる。
もっとも、各班ごとにフォロー役を担う方が配置されているのでなんとかなる。ありがたい配慮である。
パターンとは
 N:名前(Name) パターンが何を表わしているか。
 C:状況(Context) そのパターンが使われるべき状況。
 P:問題(Problem) その状況で起こっている問題。
 F:フォース(Force) 複数の力の流れ。2つ以上のフォースを旨く郷税することで、Sokutionが生まれる。
 S:解決策(Solution) その問題を解決する方法。
 R:結果(Resulting) その解決策を行うことにより、得られる結果。



続いて、図書館情報学図書館の見学
気になるラーニングコモンズを中心に色々見て回りました。
で、注目のラーニングコモンズのびみょ〜なこと。
多分、大学全体と、図書館(員)、LCを運営する学生とか、係わる人同士の調整がうまくいってないんじゃないのかと。
図書館員の雰囲気とか、設備の違いとかをみると予算とかも別々なんじゃないのって言う様な違和感を覚える。なんというか、そう意味でバランスの悪さ全体的に感じさせる。
(私の勝手な想像なので、実際とのことはよく分からないけど。ステークホルダーの調整が難しいとか、うちの図書室の問題と一緒だ)



最後にラーニングコモンズにパターンを作成、発表
最初のパターン作成と違って、今度はチームみんなで考える。
集合知ってすごいねというか、良いパータンがちゃんとできる。一緒に参加してたメンバーがすごいのか。
発表資料の作成を字が下手という理由でこっそりさぼってたら、発表と言うしゃべる仕事が回ってきた。世の中うまくできている。


そんな感じのワークショップでした。


というわけで感想です。
パターン作成のワークショップということで、短時間でパターンを作ってしまうっていうスピード感に感心した。
状況把握から解決策という結論までがあっという間に出来あがる。
日常の会議なんかだと、リスク提起だの、実現性だのあれこれ意見が出て結論でるまですごい時間がかかるんだもん。


解決策、結果まで必要なパターンという形まで落とし込まなくても、問題となっている状況に名前を付けて呼び合うという行為は複雑な状況を共通認識する手段となりそうだと感じた。
もっとも、名付けた名前を共通言語にするには、分かりやすい名前を付けるとか、日常会話の中でその名前を使うとか色々工夫がいりそうだけど。


2011/6/17 追記
報告サイトができたそうです。継続して取り組まれるとよいですね。

知識情報処理技術に関するシンポジウム 「リンクするデータ・リンクするサービス」 参加記録

2011.03.01 Tuesday

JEITA 知識情報処理技術に関するシンポジウム
「リンクするデータ・リンクするサービス」


ちょっと覗いてみたので、いい加減なメモと感想を載せときます。


主催 電子情報技術産業協会(JEITA) 知識情報処理技術専門委員会
日時 2011年3月1日



★特別講演1 「リンクするデータの現状と展望」
ゼノン・リミテッド・パートナーズ代表 神崎 正英 氏


<メモ>
 ■セマンティック・ウェブとリンクするデータ
 ・技術群としてのセマンティック・ウェブは複雑だけど、基本層(URI、RDF)だけでも現実的に利用できる。
 ・WWWが文書のハイパーリンクで発展したように、データ共有もリンクで発展する
 ・URIを識別だけでなくリンク(参照解決可能)にも用いる
 ■Linking Open Date (LOD)プロジェクト
 ・データのサイロからリンクする公開データへ
 ■データ共有のアプローチ
 ・項目名:スキーマの共有
  。著者と作者とcreator 横断検索やデータベース統合のために項目名を標準化
 ・データ値:統制語彙の利用
  。タグの付け方、値を共有
 ・対象:UNAとデータ名
  。ウェブではUNA(Unique Name Assumption 唯一名仮説)が成り立たない
  。対象実態が同じものに別の名前が使われる(書誌ID、登録番号)
 ■アプローチの色々
 ・LODのハブ DBpedia(Wikipediaの情報ボックスを中心に構造化可能なデータをRDFとして抽出)
 ・件名標目のウェブ WebNDLSH、LCSH
  。シソーラスを連携させる
 ・名称典拠
  。同姓同名の識別、同一人物の複数の名前(ペンネーム)の集約
 ・地名典拠としてのGeonames
  。地名にURIを与える
  ※地名の典拠は難しい。東京は東京都を指すのか、東京駅をさすのか
 ・音楽データの共有 MusicBrainz
 ■何がつながっているか、何がつながってほしいか
 ・シソーラス同士のつながりが中心
 ・Wikipediaで完結しても面白くない。いろんなコンテンツがリンクして思わぬ発見がある。
 ・多様なコンテンツがLODを介してつながらないか
  。BBCの記事や情報ページを内部LOD+DBpeadiaなどにリンク
  。HTML文書内に構造化データを埋め込む
  。FacebookとOpenGraphProtoco (いいねボタン連動)
 ■RDFaからLODへ
 ・多くのRDFaはLODになっていない
 ・relを使おう
 ■データの共有と品質
 ・データ品質の考え方
  。LODでリンクしているデータの品質は一様ではない(典拠もいいねも一緒)
  。語彙使用の正確さやリンク関係の適切さ、データ値の一貫性
  。データの更新(メンテナンス)
 ・問題あり?それがウェブ?
  。低品質のデータは、併合したり推論を行おうとすると破綻する
  。ウェブは不完全、つながることにまず意義がある
  。文脈抜きでの「意味」表現はもともとできない
 ・データ品質の管理
  。専門家によるデータ品質管理
  。ツールを使った品質向上:Google Refine
  。Wikiのような分散型


<感想>
不完全でも、まずつなげてしまおうというのがすごく良かった。
たどれない情報は、存在しないも同然であるし。発信された情報量が多い状況なので、少々乱暴でも人力ではなく機械的にリンクする仕組みは必要だと思う。


 
★特別講演2 「世界と日本におけるGov2.0の現在」
アカデミック・リソース・ガイド(株)代表取締役/プロデューサー 岡本 真 氏


<メモ>


 ■Gov2.0の要素-3要素での組成
  1.透明性(Transparency)
  2.参加(Participation)
  3.協同(Collaboration)
 ■Gov2.0の構成-2部構成の関係
  透明性→←参加・協同
  透明性がある程度整備されるにつれて、参加協同が増えていく。
  (情報公開が進むと、市民の参加が増える)
 ■海外でのGov2.0の動き
  ・2人のトップによる主導
   。イギリス:ブラウン前首相、アメリカ:オバマ大統領
  ・2人のティムによる呼応
   プラットフォームとしての政府 ティム・オライリー ティム・バーナーズ=リー
 ■日本でのGov2.0の動き
  ・中央省庁の動き
   。経済産業省を中心とした動き(アイデアボックス)
  ・研究機関、研究支援施設の動き
   。国立情報学研究所 CiNiiウェブAPIコンテスト
   。国立国会図書館 レファレンス協同データベースAPI腕自慢
  ・LODの動き
   。NII武田研究室を中心としたLODAC
 ■海外詳細動向
  ・The Commons
   。図書館、博物館、美術館、文書館×flickr
   。写真データにデータ付与
  ・Open311のウェブ化
   。Open311とは、ちょっと困った身の回りの相談を受け付ける窓口
  ・公開データに基づく官民の協同
   。政府から課題とデータの情報公開をするので、解決するシステムを作って
   。仕様書が先でなく、製品が先への
 ■日本の詳細動向
  ・経済産業省 オープンガバメントラボ
   。アイデアボックス、データボックス
  ・福島町議会(北海道) 議案、説明資料の事前公開
  ・横浜市統計GIS
   。統計情報の可視化と自動計算
   。Google/Yahoo!との連携 ←行政が民間のデータを使った事例
 ■日本でのGov2.0のこの先の課題
  ・リンクするデータからリンクするサービスへ
   。LODの潮流
  ・リンクするサービス
   。心理的、慣習的、制度的な壁の多さ
    特定サービスへの依存回避
    広告掲載サービスの忌避
    入札参加資格による調達方式の伝統
  ・政策課題への引き上げ
   。透明性の確保とアプローチ先の検討


<感想>
政府から情報公開→一般市民の参加の流れで、関与できる度合いが大きくなるのは、単純に、選挙で一票いれるだけということに比べて政治参加へのインセンティブが大きいと感じる。
さすれば、人任せでないハッピーな社会へつながるか。


★特別講演3「日本におけるLinked Date の課題とその解決への試み」
国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系・教授
学術コンテンツサービス研究開発センター長 武田 英明 氏


<メモ>
 ■情報循環
 ・情報は過去の情報を利用して作られる
  。無からは生じない
  。収集→利用、創造
 ・情報の価値は利用されてこそ生じる
  。使われない情報には意味がない
  。利用、創造→公開
 ・情報の共有は社会の基盤
  。情報流通は社会の健全性の源
  。公開→共有→収集
 ※Web時代の循環スケール 高速、大量、大人数(分け隔てなく)
 ■セマンティックWeb 人による循環から人と機械による循環へ
 ・これまでのWeb(HTML)は人による理解のための情報としての記述
 ・セマンティックWeb 人とコンピュータ双方が利用できる情報として記述
  。メタデータによる記述
  。オントロジーによるメタデータの構造化
 ■Lined Date
 ・RDFで公開されるデータ
 ・外部から参照可能
 ■Linked Dateにおける公的機関の重要性
 ・もともと共有すべき情報、社会の知識基盤
  。図書館、美術館、博物館、文書館、政府
 ■Linked Dateの日本の課題
 ・共有文化の欠如
  。公開に関する意識の薄さ 公開と共有の文化、公共性の違い
 ・Linked Dataコミュニティの未発達
  。文理共同の必要性
 ・中心的データの欠如
  。Dbpediaは Linked Dateの中心
 ・日本語の取り扱い
  。IRIを使えば文字コードとしては原理的にはOKだが、特殊文字や各種ツールの対応が問題になる
  。メタデータは日本語?英語?→目的で分けよう
 ■LODAC Priject
 ・学術リソースのためのオープン・ソーシャル・セマンティックWebの構築
  。Linked Dateの基盤を作る
  。実際にデータを集め利用可能にする
 ■LODAC−Museum(仮)http://lod.ac/
 ・美術館、博物館情報を集めて関係づける
  。日本の美術館、博物館の現状 分散、透明性がない
 ■LODの発展の方向
 ・様々な分野のデータがつながることでデータの新しい価値
 ・一つの主題に関わる情報集約
 ・一つの場所に関わる情報集約
 ・様々なコミュニティからの情報集約
 ・集合地とのつながり
 ■LODの応用例
 ・関連資料をめぐる日本縦断ツアー
 ・地域とイベント情報による展覧会+αの情報
 ・資料に登場する歴史メニューが食べられる
 ・ゲームやドラマに使用された資料奇跡


<感想>
技術と社会の共同作業。実際の利用ケースまで落とし込んでこそ価値が出てくる。
LODAC−Museumという目に見える形に落とし込んだことで、色々な人が興味を持って関わると思った。


★特別講演4 「DataWikiを実現するWedataの構築と運用」
(独)産業技術総合研究所 社会知能技術研究ラボ 研究員 江渡 浩一郎 氏


<メモ>
 ■集合知とは何か
 ・集団的知性 多くの個人の協力と競争の中で集団自体に知能、精神が存在するように見える。
  。従来の知の延長上にある
 ・群衆の知恵 普通の人の判断を積み重ねると、専門家を超えることがある 
  。権威主義へ反対する傾向にある
  ※両者の意味が混じって使われる
 ■オンライン議論 事例
 ・IBM Innovation Jam
 ・経産省 アイデアボックス
 ・文科省 熟議カケアイ
 ■集合知データベースの必要性
 ・対応情報はサイト毎に異なり、Webページ構造が変化すると対応情報も変化する。
 ・誰でも対応情報を追加、編集可能ににし、Wikiを参考に、集合知で解決する
 ■DataWiki方式
 ・Wikiと同様に様々なデータを集合的に追加、編集可能なデータベース
 ・日々変化する情報を外部に出したい、様々なサイトの情報を外部から扱いたい場合
 ・ユーザーが自分自身の手で任意のデータを追加、編集できる
 ■DataWiki方式の利点と欠点
 ・必要なデータをユーザー自身で追加、編集できる
 ・Webページの変更で動作しなくなった場合でも、ユーザーの手で修正できる
 ・開発者はアプリケーション開発に専念できる
 ・大量の対応情報を集め、維持できる
 ・荒らし、編集合戦など(WIKI同様の欠点)
 ■利用者参加を促すために
 ・ユーザーの参加意識を促すことが重要
 ・自分の使いたいWebサイトが対応していなかったら、自分自身で対応させられることを伝える
 ・一人一人の少しの参加が全体の利益になるように
 ・参加への敷居を下げる
 ・OpenIDによってログインを容易に
 ・使いやすいWebインターフェース
 ・APIで外部インターフェースを可能に
 ■Wedataの概要
 ・DataWiki方式を実現した集合知データベース
 ・利用者は独自のデータセットを定義できる
 ・データセット製作者のみがスキーマ変更できる
 ・データの追加、編集、削除は誰でも可能
 ・OpenIDによるログインをするためspamはない
 ■AutoPagerizeとは
 ・Wedataの活用
 ・Webサイトでページの自動継ぎ足しを実現するスクリプト(次へをおさなくていい)


<感想>
集合知を生かした、課題解決への取り組みは面白い。
簡単に参加できますよという事を示してあげることがすごく重要だと感じた。
メリットに対してコスト(手間)やスキルが必要なんじゃきっと参加しない。


★パネル討論「日本の戦略」の論点
東芝 木下 聡 氏


<メモ>
・リンクされていないデータを緩く結合する仕組みが必要
 。Linked dateは永遠に全データの一部
・データを賢く使えそうな仕組みは十分か
 。パブリックなデータを核として
 。悪意、ゴミデータの排除の仕組みは
・メタデータにおける言語の問題
 。知識の表現は言語と表裏一体
 。日本語の問題はどうするか?
・普及に向けた社会的問題
 。社会的基盤として活用する際の障害はないか
  変えるべき法律はあるか
  政策的な活動はいらないか
・Linked Dateをどう増やすか
 。Wikiはなぜ成功したのか
 。データが先かアプリが先か
 。パブリック(公共)主導か、プライベート(民間)主導か
 。新しいビジネスモデルが必要か
 。有料か無料


富士通研究所 津田 宏 氏


<メモ>
■何かビジネスの役に立つLODの活用に向けて
・LODがないとできないアプリは?
・メタデータデッドロック
 。メタデータが充実してればよいサービスが提供できる
 。よいサービスが提案されれば、データ作成頑張る
・セマンティックWebを使った情報結合の結果から
 。面白そうだけど、何できるの
 。事例:滋賀銀行 リレーショナルバンキング
  データを提供するだけでなく、アプリが重要
・情報のいきつく先は「人」
 。セキィリティ、プライバシーへの配慮は避けられない
・LODを安全に利用したい(何をやっているのか外部(競合他社)にばれないように) 
・情報の正確性が重要←気づいた人が簡単に修正できる仕組みが必要


 

3DSで図書館応援メッセージを

2011.02.27 Sunday

 ついつい緊急入荷しましたの声につられ、ニンテンドー3DSを衝動買いしてしまいました。
ソフトは「レイトン教授と奇跡の仮面」を買いました。


ほんとはマリオで遊びたいんだけど、任天堂のソフトしか売れないと、サードパーティがソフトを提供する気力がなくなるんだとかで、新機種発売に合わせてマリオは発売しなかったらしい。


さて、国会図書館はゲーム収集しているし新作ゲームの納品ってどうなってるんだろうかと思って、とりあえず区分を電子資料にしてNDL-OPACで検索してみた。3DSと同時発売の新作は全然Hitしない。まぁ予想通りだけども。
ただレイトン教授は人気シリーズだというのに過去のシリーズもHitしない。全然収集していないのか、データの整備をしていないのか。


なんだか悔しいのでレイトン教授の元ネタ的存在ともいえる「頭の体操(多湖輝著 )」を検索してみる。
電子資料ではHitしなかったが、和図書の区分ではHitした。と思ったら第17集、第18集とかは見当たらないけど。
小学生の時に夢中になった思い出深いシリーズなので紙媒体の資料くらいは頑張って収集して欲しい。


どうも国会図書館のゲーム収集は微妙なようで。DSでは結構電子書籍が出ているのだがほとんどHitしませんでした。
赤川次郎ミステリー とか、西村京太郎サスペンスとか、みんなで読書シリーズとか実は色々でてるんだけど。



まぁそれはさておき、色んな事ほったらかして3DSで思いっきり遊んでます。
本体に内蔵されている、すれちがいMii広場というゲームで図書館応援メッセージを伝え歩いたりとかね。