第14回図書館総合展の振り返り

 第14回図書館総合展に参加してきました。

図書館総合展って体力の続く限り呑んだり食べたりするイベントでしたっけ?
てな感じでたくさんの人と交流させて頂いてとても楽しかった。
図書館総合展の色々なフォーラムの記録は公式サイトに掲載されるけれど、やっぱり人との交流は訪れた人の特権ですね。

とはいえ、夜の部やフォーラムと比べてブース会場は寂しかった。
今年は「津田大介と語る図書館」「指定管理者制度の最前線」といったフォーラムで図書館に関心のある人に広く来場してもらおうという意図が見えた。フォーラム会場の出口でブースへの誘導を頑張る総合展スタッフの姿を見かけたが、期待通りにブース会場に人は流れていなそうだった。
出展企業側は、例えば次のリプレイスに備えて視察にくる人とか、そういったビジネス直結でない人が多数訪れるということを認識して出展のあり方を考えていく必要性があると感じた。出展企業側はそういった来場者に対して何を伝えたら、業界が盛り上がり、後の利益に繋がっていくのかを探っていかないといけない。

難しい課題だと思う。
前提知識をもたない来場者にブース会場で、自動貸し出し機、入館ゲート、図書館システム・・・各社の製品の違いを感じとれなんてのは無理だし、いざ学生がブースに訪れたりしても出展企業側も何から説明したらいいのやらって感じじゃないでしょうか。

図書館総合展とは、図書館を使う人、図書館で働く人、図書館に関わる仕事をしている人達が、“図書館の今後”について考え、「新たなパートナーシップ」を築いていく場です |図書館総合展公式サイトから引用

何事も面白くなるのはルールを覚えて、その奥深さを感じたときだと思う。みんなで“図書館の今後”について考えようと思ったら、やっぱり各出展者の活動や製品についても共通の認識が不可欠で、図書館総合展の目的を達成しようと思ったら、出展者も来場者も互いに歩み寄って日ごろからそういう共通理解を深めていったら業界全体が盛り上がるんじゃないかと感じる。

来年も図書館総合展が盛り上がりますよーに。
はてなブックマーク はてなブックマーク -  第14回図書館総合展の振り返り 人気ブログランキングへ

at 01:13, なぐもん, 図書館総合展

comments(0), trackbacks(0), - -


誰がために図書館総合展はある?

 11/9〜11/11に行われた図書館総合展に参加してきました。

図書館総合展の公式サイトでは図書館総合展をこのように説明されています。

図書館総合展とは、図書館を使う人、図書館で働く人、図書館に関わる仕事をしている人達が、“図書館の今後”について考え、「新たなパートナーシップ」を築いていく場です。

図書館総合展の雰囲気はここ数年でかなり変わり、今年は学生さんの参加が目立っていたという印象を受けました。
ポスターセッションへやランチセッションなどは特に。
図書館の今後を、若い人たちが積極的に考えるというのは素敵ですね。

ただ公式サイトの説明とは裏腹に、ブース出展している企業の多くはお金を投じて商品・サービスを宣伝する場と考えていると思っています。
ブースは商品の見本市、フォーラムは製品発表の場といった感じで。
なので図書館を相手に商売をしている企業にとっては、ターゲットでない図書館を使う人がたくさん来たところで素直に歓迎できてないんじゃないかなと。
図書館を使う人をターゲットにしている企業の思いは違うでしょうが。

正直なところ、図書館総合展の趣旨ってのはコンセンサスのレベルがいまいちで、
来場者数は伸びても、出展者は伸びず、会計的なところで継続性に大きな課題があるんじゃないかと邪推してしまう。

私自身は業界そのものを活性化させるために図書館総合展の趣旨に大いに賛同なので、
出展者と来展者のインタラクティブな関係が築けるような仕組みを、主催者が後押しする仕組みを用意できたらうまくいくんじゃないかと思います。
アイデアは・・・これから考えますが・・・

もしくは、目的を割り切って平日の商談日と休日の一般公開日で分けてみるとか。
はてなブックマーク はてなブックマーク - 誰がために図書館総合展はある? 人気ブログランキングへ

at 20:19, なぐもん, 図書館総合展

comments(0), trackbacks(0), - -


「図書館総合展フォーラム2011 in 京都」と大阪観光

 「図書館総合展フォーラム2011 in 京都」へ参加してきました。


第1部:基調講演
・「ディジタル時代の知識インフラと図書館の役割」
・長尾真(国立国会図書館長)


第2部:パネルディスカッション
・「図書館で電子書籍を使いこなす−知の拡大再生産に向けて」
・パネリスト:
 ・川瀬真(横浜国立大学国際社会学研究科教授、前文化庁・著作権課著作物流通推進室長)
 ・大場利康(国立国会図書館 関西館・電子図書館課長)
 ・井上 真琴(同志社大学 企画部企画室 企画課長)
・コーディネーター:
 ・湯浅俊彦(立命館大学文学部准教授)


内容についてはUstの動画がアーカイブされているので誰でもご覧頂けるようです。
こういった運営者側の配慮があると、フォーラムに参加できなかった方とも話題を共有できるのが良いですね。


さて私が特に気になったのは、パネルディスカッションで挙がった大学図書館で電子書籍を導入したところは、実際にどのように、どのくらい使われているのか?という話題。
うちの図書室も試験的に電子書籍(PDF)を扱っているのです。といっても自社で発行しているニュースレター一誌だけですけど。
管理の仕方として、OPACの検索結果にPDFへのリンクが貼っており、ワンクリックで読めますよといった感じにしてあります。


まぁ実際のところたぶん使われていない。
と言うよりもOPACが使われていないので、ほとんどの利用者はPDFへのリンクが貼ってあることすら気づいてないんじゃないかと。
利用者の多くが本棚を眺めて本を探すといったスタイルなので、そんな利用者に対して電子書籍へのアクセス誘導ってどうすればいいんだろうか。
それと今の管理方法だと電子書籍は貸出履歴に乗ってこないんで利用統計はどうすればいいんだろう。OPACの検索ログは確認できるけど。


電子書籍を扱う図書館は増えていくと思うので、どんな工夫をしているのか注目していこうかと思います。



そうそうフォーラムの後はしっかり懇親会も参加しました。
懇親会はUstじゃ得られない重要な情報交流の場。
幹事役の皆様どうもありがとうございました。


6/14追記
「図書館政策フォーラム2011 図書館で電子書籍を使いこなす−知の拡大生産に向けて−」レポート
レポートをまとめた方へ拍手
図書館学の門をたたく**えるえす。- [インターン]図書館総合展フォーラム2011 in京都の記録をとってきました

-------------------------------------------------------------------
大阪観光編


せっかく関西に行くのだからフォーラムだけってのはもったいない。
てなわけで、大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)の情報ライブラリーアサヒ ラボ・ガーデンへ見学に行きました。


ドーセンターの情報ライブラリーは女性関係情報の専門情報センターってことで、
こういう同じ様なジャンルの資料を扱う専門図書館で気になるのが分類の付け方。
話を伺ったところNDCを使っているとのこと。もっとも同じ分類が寄りすぎないようにタグのとり方を考慮しているとのこと。
装備も自前でフィルムコートまで掛ってました。手慣れた図書館員じゃないと務まりませんね。


専門図書館で働くライブラリアンには、図書館学だけじゃなくて、扱う資料の専門性も問われるのが大変そうです。
なかなか一つの図書館に一生勤務するっていうのは難しい時代なので、柔軟に扱う資料に応じて学び続けられるってのは必要な素質なのかもしれませんね。



アサヒ ラボ・ガーデンはイベントルームと図書館をくっつけた感じとでも言うのでしょうか、とても楽しい空間でした。
双方向のコミュニケーションというのがポイントらしく、頻繁にイベントを行っているようです。


ラボ・ガーデンの学びの場としてのセンスはすごくよくて、図書館という空間はまだまだ可能性がいっぱいなんだと感じました。
まだまだ古くからの図書館イメージから抜け出せない大学のラーニングコモンズよりも、よっぽど新しい学びの場の提供に成功しているじゃないかと思ってしまった。

ビール缶
缶ビールのデザインをしているようです。何を描いているのでしょう?

大阪案内してくださった方、一緒に遊んでくれた方ほんとに楽しかったのです。
どうもありがとうございます。懲りずにまた遊んでください。
はてなブックマーク はてなブックマーク -  「図書館総合展フォーラム2011 in 京都」と大阪観光 人気ブログランキングへ

at 22:12, なぐもん, 図書館総合展

comments(0), trackbacks(0), - -


図書館総合展2011 あの子は誰?

 ツイッターで図書館総合展のアカウント(libraryfair)を見かけたので覗いてみたら、背景が可愛い女の子だった。


誰だろうと思って、図書館総合展のサイトにアクセスしてみたけど女の子の情報は載ってなさけだ。
メールでお問い合わせができるっぽいけど、さすが・・・


しかたなく、googleで「図書館総合展 モデル」とか、google画像検索してみたけど見つけられない。
てわけであっさり断念した。情けない情報探索スキルである。


こんなことなら情報探索スキル獲得のために司書の勉強しとけばよかった。
毎年あんなに司書資格取得者が多いのは、気恥ずかしいレファレンスを自己解決するためだったとは。


んなわきゃないか。



それはさておき、画像から他の情報をたどると言うのはまだまだ難しいさを感じる。
ソーシャルメディアの盛り上りで、みんなが自由に写真をネットにアップする時代になったけど、
付与されている情報が投稿者本人がつけたもタイトルだけというのでは物足りなさを感じる。
そんでもって周りが付与する情報が「いいね」とかささやかなコメントじゃ役立つ情報が増えていかない。


コミュニケーションの活性化という仕組みとしてはうまく機能しているように見える。
だけども、やっぱり投稿された写真を役立つ情報群として昇華していく仕掛けが欲しいよね。



さぁ、今年の図書館総合展では情報の取り扱いについてどんなヒントをくれるのか、
ブースもフォーラムを早くも気になってきた。

はてなブックマーク はてなブックマーク - 図書館総合展2011 あの子は誰? 人気ブログランキングへ

at 20:09, なぐもん, 図書館総合展

comments(0), trackbacks(0), - -