<< 図書室の地震対策どうすんべ | main | 資料データの情報量はOPACの利用率に貢献する? >>

天気予報を使って利用率をあげよう

 諸事情により3連休の予定がみんなキャンセルとなっておりました。


で、土曜日は思いつくままに飲みに行って終電が無くなり・・・
日曜日はブログのテンプレートを修正しようとしてレイアウトが崩れ、直そうとするたびに泥沼にはまり、結局一晩かけて1から作り直し。
本日は、ほったらかした家事をまとめてやるわけですが、こんな日に限って雨。洗濯めんどくさいです。


予定がなくても天気予報くらい確認しておくんでした。
こんな天気なら週末に買い込んだ本をじっくり読みふけりたい。


ふと閃いたんだが、金曜日に天気予報を確認して「週末の天気は雨だそうです。図書室で本を借りませんか?」とアナウンスをしたら利用率があがるんじゃないかと。
幸い、企業図書室なら声をかけてすぐに反応が返ってくる可能性は高いはず。思いついたら30秒で図書室にいけるんだから。


社会人で本を読まない理由として、時間がないというのは結構ある。だが暇が出来るタイミングで本を差し伸べられたらどうだろうか?
試してみようじゃないか。

はてなブックマーク はてなブックマーク - 天気予報を使って利用率をあげよう 人気ブログランキングへ

at 13:49, なぐもん, つれづれ

comments(0), trackbacks(0), - -


comment









trackback
url:http://nagumonn.uhyohyo.pupu.jp/trackback/24