土づくり1回目

2018.03.24 Saturday

今日から実際に市民農園に行って作業開始した。
農園の状況確認と、土づくりが今日の目的。

 


農園に立ち入って早々ぬかるみにはまる。
汚れることはある程度想定して古いスニーカーを履いていたが、ジーンズの裾まで汚れたので長靴は必要らしい。
幸いなことに水道はあったので、汚れた手や靴底を洗うことはできた。夏場の水やりも安心だ。
園内を見渡すと道具置き場は無いのだが、外周スペースが広くみなスコップやら支柱をそこに立てかけてあった。
ゴミは持ち帰らないといけないが、農具についてはある程度許容されている様だ。これはかなり助かる。
トイレは無かったが、すぐそばにある公園や市民体育館のトイレが使えるので不便はなさそう。

 


畑の状況はというと、雨を吸っているせいか足跡が付く程度の緩さ。耕すのは楽そうな雰囲気。
気になったのは結構砂利がある。毎年使っているなら取り除かれてそうなものだが不思議だ。
そして、すでに所々うっすら雑草が生えている。夏の草刈りを考えると気が重い。

 


今日の作業メインは土づくり。と言っても酸性土壌の中和のために石灰を蒔いただけ。
蒔いたのは東商 3坪石灰というやつ。丁度使い切れる量であることと、有機性で与えすぎによる害が少ないという事で選んだ。
結局土壌のphなんて計ってないし適当栽培には丁度いいかなと思ったのだ。

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL