初収穫 二十日大根できたかな

二十日大根を収穫する

 

種を蒔いてから40日。葉が少し黄色くなっているものもあり育て過ぎたかも思いつつ引き抜いてみたが・・・

 

 

 

 

 

 

全然丸くなってない。とても残念な結果でした。
ちゃんと土寄せしなかったのが原因だろうか。
二十日大根は簡単に栽培できると思ってたのに甘かった。

 


形は悪いけど、味はどうだろうかと思って食べたらかなり辛い。
すりおろして辛味大根蕎麦にしよう。

はてなブックマーク はてなブックマーク - 初収穫 二十日大根できたかな 人気ブログランキングへ

at 10:42, なぐもん, ベランダ菜園

comments(0), trackbacks(0), - -


頭を立てる茶豆かな

枝豆の生育が一緒に植えた他の作物に比べて早すぎるので気になったのでまいた種のパッケージを見返した。
そしたら極早生(ごくわせ)という成長のめっちゃ早い種類だった。品種改良のなせる業か。
蒔いてから77日で収穫できるらしい。ずいぶん具体的な数字が明記されているものだ。

そんな枝豆だが梅雨時期なので水やり不要って事でほったらかしていたら風と雨の影響で頭を垂れていた。
慌てて転倒防止対策を打つことにした。

 


・風よけネットの設置
マンションの4階は地上に比べるとちょっと風が強い。
効果のほどは分からないけどベランダ風よけネットなるものが売っていたので設置した。

 

・土寄せ
調べてみると初生葉が埋まるくらいまでがっつりやるものらしい。

 

・摘心
頂芽を摘みとって脇芽を増やして収穫量を増やすための作業なんだけど、高く伸びすぎるのを防ぐために行った。
色々なサイト確認したら本葉が5〜6枚程度で摘心する。羽生種は摘心不要などのコメントもあった。
摘心は早まったか?本葉3〜4枚しか出てない。今更仕方がない。


なんとか収穫まで頑張って育てよう

 

 

■理科の復習-葉っぱの生え方
アサガオ
子葉(双葉) → 本葉

エダマメ
子葉(双葉) → 初生葉 → 本葉

枝豆なんて居酒屋でしか見てなかったから、葉っぱの生え方なんてすっかり忘れてる・・・

 

はてなブックマーク はてなブックマーク - 頭を立てる茶豆かな 人気ブログランキングへ

at 19:04, なぐもん, ベランダ菜園

comments(0), trackbacks(0), - -


落花生に見惚れて

出張から戻ってきたら無事に落花生も発芽していて、これですべての野菜の目がでた。
枝豆は急成長していた。二十日大根は雨と風でちょっとへたってたので心配。

 

 

ともあれ思ったより発芽率が良くて、目が出すぎたので間引き作業行った。

 

・間引き作業
キュウリ:1本立て
二十日大根:5cm感覚(目分量)
枝豆:2本立て
オクラ:1本立て
落花生:1本立て

 

 

間引きした落花生はなにやらセクシーだった。
子供のころかがくのともで落花生の本(※)読んで興味を持っていたが、
実際に育てると新しい発見があって楽しい。

 

ピーナッツ なんきんまめ らっかせい (かがくのとも傑作集)

 

 

はてなブックマーク はてなブックマーク - 落花生に見惚れて 人気ブログランキングへ

at 19:02, なぐもん, ベランダ菜園

comments(0), trackbacks(0), - -


ベランダ菜園はじめました

ふとした気まぐれにベランダ菜園を始めたので記録を残そう

 

まいたのは、キュウリ、二十日大根、枝豆、オクラ、落花生
トマトを育ててみたかったが、6月だとちょっと遅すぎた。

 

道具はAmazonで適当に揃えた。ベストセラーになっているやつを適当に。
出張で2,3日空けることが事が多いので、水やり問題を悩んだ結果、保水剤と簡易的な自動給水グッズを購入。
ちゃんとした自動給水機は、蛇口や電源の問題でベランダ菜園向けではなかった。

 

水のお留守番 水やり楽だぞぅ

 


使ったもの(1種類ごと)
プランター 深型25L
培養土 16L
鉢底石 4L
肥料 2つまみ (チッソ 7 :リンサン 7 :カリ 10 :マグネシウム 1.5)
保水材 18g

 

種をまいた日 2017/6/3
1週間後の状況
キュウリ:発芽
二十日大根:発芽
枝豆:発芽したて
オクラ:発芽したて
落花生:種

 

 

まずは枯らさないことを目標に頑張ろう!

 

 

はてなブックマーク はてなブックマーク - ベランダ菜園はじめました 人気ブログランキングへ

at 18:56, なぐもん, ベランダ菜園

comments(0), trackbacks(0), - -


図書館システムのサポートして10年経ったけど、これからどうしよう?

気がつけば図書館システムのサポートを担当してまる10年に。
図書館の事もシステムの事もまったく知らない状態で入社して、結局今でも分からない事だらけ。
図書館業界に対する憧れも目的意識もなかったけど、なんだかんだで続けられた。居心地がいい業界なんでしょう。
けれど、さてこれからどうしよう?という話。別に転職する気はないけれど。

 


やってきた仕事を簡単に説明しておこう。
担当している図書館システムというのは、蔵書管理や貸出業務を行う基本的なやつと利用者向けのOPACくらいまで。
この図書館システムを全国の図書館回ってセットアップして、操作説明をするのが主な役割。

 

担当している図書館システムは、入社した時点で初期版から20年経過していて既にほとんど完成していたと思う。
そこから10年、毎年バージョンアップはしていたけど大幅な機能アップみたいな事はあまり思い出せない。
NDLから提供される書誌データをダウンロードできるようになったり、OPACに書影が表示されたりした時は結構便利ですごい事だと思ったけど。
結局のところ従来からある図書館システムは、もう冷蔵庫とか洗濯機の様な家電製品の様な位置づけで最新のものは色々すごいらしいけど、5年前10年前の製品でも運用できるよねという状況だと思っている。

 

そんな状況なのでサポート業務と言っても業務内容は限られている訳で、設置の手伝いして使い方説明して、エラーが出たら呼ばれ、壊れたら修理してと洗濯機のサポートと変わらない。機能が充実していかないなら追加で覚えることもほとんどなくて、数年やればだれでも同じようにできると思う。
そうは言っても、どうにか付加価値をつけようとして洗濯機のメーカーが洗剤の選び方やら洗濯物の干し方をアドバイスするように、プリンタの設定したり、Excelの使い方説明したり、カーリルを紹介したり、書誌調整の相談に乗ったりするようになるんだけど。その辺は各々個人の技量/裁量によるところが多い。

 


入社してから取り組んだことのひとつは、使い勝手の向上だろうか。
必要な機能は確かに備えていたけれど、使い勝手はイマイチな点は結構多くて改善要望をたくさんもらっていた。
実際に使われている現場の感覚が分からなくて、自分の机に本並べて図書館ごっこ始めた。
その後、図書室作ることになって勝手に館長名乗ってブログ始めることになった。
システムの使い勝手が向上したかは分からないけれど、予算要求の大変さとかは少し理解できた思いがした。

 


きっかけは覚えてないけど、いつの頃からか社外の交流会とか勉強会に参加するようになっていた。
今まで図書館システム周辺の事しか見ていなくて、図書館にたくさんの話題があることに気付いていなかった。
色々な話題に触れるのは刺激的だったし、勉強になった。

 

その一方で、目の前の仕事と話されている話題の距離感が気になりもした。
盛んに話されるアクティブラーニングの話に、図書館の業務管理システムがどう関わればいいのか分からないという具合に。
でもほんとに悩ましいのは、電子リソースの管理とかそういう話題。図書館システムっぽい話題だけど高性能な洗濯機に取り組んでいても、空気清浄はできないでしょとでも言わんばかりの疎外感。

 


この先も当面図書館システムは必要とされ続けるだろうし、改善要望もたくさんあるし何も考えなくても一定の仕事はあるだろうけれど。何か盛り上がりに欠けるし、いささか退屈な感じがしている。
他の課題解決に乗り出すでも、別の技術借りてくるでも色々進展はありそうだけれど、さてこれからどうしよう?という思いである。
10年やったけど達成感より、もどかしさの方が強い節目だな。

はてなブックマーク はてなブックマーク - 図書館システムのサポートして10年経ったけど、これからどうしよう? 人気ブログランキングへ

at 12:38, なぐもん, つれづれ

comments(0), trackbacks(0), - -